女性投資家の初心者向けのバイナリーオプション,FX攻略ブログ

1日1万円稼ぐバイナリーオプション,FXの攻略やチャートの見方,業者,EA等

ピップス【Pips】

time 2016/04/08

ピップス【Pips】

FXで表現する最小値幅単位の事で、為替が変動するときの最小値の事を1ピップスといいます。

この値は通貨ペアによって異なりますが、ドル円では0.01円、ユーロドルでは0.0001ドル
といった風に決まっています。

【用語使用例とその意味】
先日、米ドル/円の買いで76.80円から76.90円の「10Pips」の値動きがあった
⇒「10Pips = 0.1円(10銭)」為替が動いたことをあらわします。

【例外・注意】
「米ドル/円」の場合、「1Pips」は「0.01円」であると説明しました。

しかし利用するFX会社によっては、表示される桁数が以下のように表示される場合があります。

実例を挙げると小数点第3位の値については「0.1Pips」となります。

このように「0.1Pips」単位での取引を行える場合には、通常の10分の1単位での取引が可能ということになります。

このように表示されることで、為替の変化を細かな変動も確認ができます。

これからFXをはじめる場合には、FXの世界での値動きをより強く体感できるのではないかと思います。

またデイトレやスキャルピングなどの短期売買での取引を行う場合には、いろいろとメリットがあります。

この場合「ユーロ/米ドル」などの、外貨同士の通貨ペアでの取引の場合には、
通常「0.0001米ドル」単位のものが「0.00001米ドル」の小数点5桁目での0.1Pipsの取引を行えることとなります。

さて、今日はFXの世界での、謎々の一つ(笑)の、Pipsについてでした。

弊社としても、お客様と共に情報をシェアする事によって勉強になります。
最後まで読んで頂き有難い限りです(^O^)/

ぽちっと応援よろしくお願いします♡


FX・女性投資家 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村

ご協力有難うございました♡

<<バイナリーオプションLINE塾はこちら>>
<<FXで悠々自適生活はこちら>>

down

コメントする




バイナリーオプション