女性投資家の初心者向けのバイナリーオプション,FX攻略ブログ

1日1万円稼ぐバイナリーオプション,FXの攻略やチャートの見方,業者,EA等

●FXを学ぼう!(第20回)

time 2016/05/18

●FXを学ぼう!(第20回)

海外に本社があるFX会社のことを海外FX会社と言います。

 

海外FX会社を使ってのFXトレードが「海外FX」です。

FXは世界的な通貨の売買取引なので当然ながら日本だけではなく、海外にもFX会社はたくさんあるのです。

海外FXの最大の魅力は、「レバレッジ規制がないこと」と言っていいでしょう。

日本国内のFX取引では個人のFX取引には2010年の金商法の改正により「レバレッジ規制」がかけられてしまっているため、

個人の取引ではレバレッジは最大25倍までに制限されるようになってしまいました。しかし、海外に本拠地があり、日本の金融庁に登録していない海外法人が運営しているFXサービス「海外FX」では、日本の「レバレッジ規制は適用されない」のです。

そのため、規制以前の高いレバレッジ、例えば最大1000倍ものレバレッジでも取引が可能になっているのです。

それに加えてレバレッジよりも重要なメリットが海外FXにはあるのです。それは海外FXと国内FXでは、取引方法が違うという点なのです。

知らない方も多いのですが、日本国内のFX会社は、トレーダーが米ドル円で買いを入れたとしても、実際に売買を実行しません。

正確に言えば、トレーダーの注文通りには為替取引をしないのです。

これを店頭取引(OTC)取引と呼ぶのですが、簡単に言えばカジノの胴元のように注文を「呑んでいる」のです。

その結果、トレーダーが損をすればするほど国内のFX会社は儲かるような仕組みになっているのです。逆にトレーダーが儲かるとFX業者が損をするのです。

結果として、トレーダーの見えないブラックボックス仕様のプラットフォームで「ストップ狩り」「故意のスリッページ」「故意のシステムダウン」「レートずらし」「意図的な約定拒否」

などの悪意のある操作が常態化してしまっているのです。

これではいくらトレーダーががんばっても、FX会社が足を引っ張ることになってしまいます。

海外FX会社は注文が入れば実際に通貨の売買が行われるNDD取引(ノンディーリングデスク)を採用しています。

トレーダーの注文をFX会社は仲介に徹することで、そのままインターバンク市場のカバー先に流す形の取引方法です。

海外FX会社の場合には、トレーダーの取引量が増えれば増えるほど収益が上がる形になるので、トレーダーに多く取引をしてもらえるように色々なサポートをしてくれるのです。

海外FX会社はトレーダーと同じ利益を目指すパートナー関係になるのです。

この仕組みを知っている方であれば、トレーダーが儲けることに協力してくれる、透明性の高い海外FXを選ぶのが当然なのです。

ぽちっと応援よろしくお願いします♡


FX・女性投資家 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村

ご協力有難うございました♡

<<バイナリーオプションLINE塾はこちら>>
<<FXで悠々自適生活はこちら>>

down

コメントする




バイナリーオプション