女性投資家の初心者向けのバイナリーオプション,FX攻略ブログ

1日1万円稼ぐバイナリーオプション,FXの攻略やチャートの見方,業者,EA等

●FXを学ぼう!(第28回)

time 2016/05/31

●FXを学ぼう!(第28回)

移動平均線の見方

移動平均線は一定期間の平均値を出しグラフにしたもので、その仕組みの単純さから多くのトレーダーに利用されるテクニカル分析の代表的な手法です。

グラフは短期線、中期線、長期線に分れます。移動平均は一定期間の平均値を出しグラフ化したもので、相場のトレンドを確認する目的で利用します。

平均値を出す期間の長さによって短期線(5日、7日、14日)、中期線(21日、50日)、長期線(90日、180日、200日)にわかれ、為替相場では一般的に7日、21日、90日の移動平均線が使われることが多いようです。

移動平均線の組合わせ(ゴールデンクロスとデッドクロス)他の移動平均線と組合わせ、線と線とが交わるところをゴールデンクロスやデッドクロスと呼び

トレンドの終わり、または転換のシグナルとして利用します。

例えば、短期移動平均線が中・長期移動平均線を上抜けるとゴールデンクロスとなり、買いシグナルが点灯するとされます。

逆に短期移動平均線が中・長期移動平均線を下抜けるとデッドクロスとなり、売りシグナルが点灯するとされます。

短期移動平均線による中期移動平均線の上抜け例
また平均線が上向きの場合は上昇トレンド、下向きの場合は下降トレンドといわれ、平均線そのものがトレンドを表します。

また移動平均線は抵抗線、支持線としての意味合いがあり、短期、中期的なトレンドの方向を探る場合は、21日線が多く使われ

例えば21日移動平均線をレートが下抜けた場合には、売りシグナルが点灯し、逆に、下降21日移動平均線を価格が上抜けた場合には、買いシグナルとされます。

ぽちっと応援よろしくお願いします♡


FX・女性投資家 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
にほんブログ村

ご協力有難うございました♡

<<バイナリーオプションLINE塾はこちら>>
<<FXで悠々自適生活はこちら>>

down

コメントする




バイナリーオプション